日常英会話

【これだけ!】海外旅行で使える便利なトラベル英会話フレーズを厳選したよ!

投稿日:

【使える英語フレーズをどんどん自分の中にためて、英ペラに少しでも近づこう~!】シリーズ(2)です。


本記事でもまた昔のNHKラジオ英会話講座(BY遠山顕先生)から抜粋した、海外旅行で使えそうな英語フレーズと、それに関するまやん目線での解説をまとめてみました。

一人でも多くの人に、遠山先生の講座の有益さやほんとに使えるフレーズについて知ってもらえたら嬉しいです☆

しろくま
貯蓄フレーズが増えれば増えるほど、英会話がラクになるよね。

そう!さっそく海外旅行シーンで使えそうなフレーズを見ていこう!
まやん

 

飛行機の中で使ってみたいフレーズ

飛行機内の席に座る男性

まず最初は、飛行機内で言いそうな表現です。

知っておきたい英単語

客室の最後列 in the last row of the cabin

・・・最後列(さいこうれつ)、こういうのってなんだか難しく感じませんか?

at the end of the row とも言えます。

逆に最初の列だったら、 in the first row 、最前列なら in the front row とかになりますね。

列(row)だけでも覚えておくと便利だよ♪
まやん

 

シート(席)に関しての表現

飛行機の席に座った時に使ってみたいフレーズをご紹介します。

  1. (CAに対して)席を変えられますか? Could I change seats?
  2. 揺れてきた ! It’s getting bumpy!
  3. シートベルト締めて! Buckle up!
  4. 私の席がどうしても後ろに倒れない  My seat won’t recline.
  5. 脚を伸ばしたいよ I’d like to stretch my legs.
  6. (CAの放送)これから強い乱気流に入ります We’re expecting strong turbulence.

1のように、「変えたい」というとき、次に来る名詞はいつも複数形になります。

たとえば「電車を乗り換える」なら、

I'll change trains.

となります。

これは乗り換える時に、目の前に電車が2つ以上存在しているからです。

席を変えるときも席はたくさん存在するので、seatsと複数形になります!

3の「シートベルトを締めて」はそのまま覚えておくと、車のシートベルトでも使えるので便利ですよ。

航空会社との交渉するときの表現

海外旅行中は、飛行機のトラブルが発生することもあるかもしれません。

そんなとき、日本語スタッフがいない時もあると思うので、以下のフレーズだけでも予備知識として入れておくと良さそうです。

  1. 次に乗れる東京行きのフライトはいつ?  When is the next available flight to Tokyo?
  2. (グランドスタッフ)全便が期限未定で地上待機中です  All flights are grounded indefinitely.
  3. (グランドスタッフ)当方は悪天候の遅延に対する責任はない  We aren’t responsible for weather delays.
  4. (グランドスタッフ)責任者とお話になりますか Would you like to speak to the manager?
  5. 責任者と話したい I’d like to speak to the manager.
  6. それは必要ない That won’t be necessary.

飛行機に乗り遅れたとき、乗り換えがうまくできなかったときに使いたいのが1のフレーズです。

Tokyoの部分を行きたい地域に言い換えれば、いくらでも表現できちゃいますね。

グランドスタッフの返答もある程度知っておくと、いざ言われた時に理解しやすくて役に立つはずです。

どうしてもスタッフの言うことに納得がいかないときは、思い切って「責任者と話したい!」と言ってみてもいいかも!?

交渉はわりと強気でいこう!
まやん

 

宿泊ホテルの中で使いたいフレーズ

ホテルの部屋

お部屋についての感想フレーズ

いざ宿泊先の部屋に入ってみたら、言いたくないけど文句が出そうなときってありますよね。

そんなときは心の内を英語で言えると便利です。

  1. この部屋は狭すぎて私の好みじゃない This room is too small for my liking. 
  2. ここはうだるように暑い It’s boiling hot in here!
  3. ここは凍えるほど寒い It’s freezing cold in here!
  4. エアコンを強めれば? Turn up the air conditioning.
  5. ここはほんとにひどい部屋だ This place is a real dump.
  6. そう文句ばかり言わないで Don’t be so crabby.
  7. バカンス計画もこれまでか So much for my vacation plans.

1を応用して、

この食べ物はからすぎて私の好みじゃない  This food is too spicy for my liking.

なども表現できるようになりますね。

基本的にネガティブなことを表現する時に使うフレーズになるようです。

5のdumpは、「汚い部屋、汚いホテル、汚い場所」などの意味があるので、場所に関してすごくイヤな場合に使ってみましょう。

できるだけそんなホテルには当たりたくないですけどね…。

6は、自分のイライラが止まらないとき、自分に言ってあげてもいいですね!

窓から外を見て天気について話すフレーズ

旅行中はお天気が気になるもの。そんなとき使いたいフレーズ2つを覚えておきましょう。

  • 雨が降り始めたわ It’s starting to rain.
  • 日が射してきた  The sun has come out.

ふだんの生活でも、窓から外を眺めながら使っておくと自然と身についてきます♪

 

旅先で車を運転するときに使いたいフレーズ

ドライブする男性

運転中に日本語でふっとつぶやくようなフレーズを英語で言えたらいいですよね。

そんな英語表現をまとめました。

ドライバーのひとりごと

  1. 道が空いてる  The street is empty.
  2. 道路が細くなってきた The road has gotten narrow.
  3. タイヤがパンクした My tire blew out.
  4. あの男に割り込まれた That guy just cut me off!
  5. 一時停車しよう Let’s make a pit stop.
  6. 前の車ゆっくり走ってるなー  That car in front of us is going so slow.

私自身がつい間違えてしまっていたのが、6の「車がゆっくり走る」の表現です。

日本語で「走る」だからつい「run」て言ってしまってました。

でもネイティブに何度か注意されてやっと覚えたよ
まやん

なので「車が走る」はgoで覚えてくださいね!

つぎは、ドライバーへ何かアドバイスしたい時に使ってほしいフレーズです。

ドライバーへのアドバイス

  1. 車線変更して Change lanes.
  2. 前の車にくっつき過ぎないで Don’t tailgate.
  3. 落ち着いて You need to keep your cool.
  4. クラクションを鳴らしてもいいことないわよ Honking won’t do any good.

1について、最初のほうで「席を変える」などのとき、changeのあとに来る名詞はつねに複数形だとお話しましたが、ここでも適用されています。

車線も目の前に複数存在しているので、lanesと複数形にしてくださいね。

2と3はそのまま記憶してください。けっこう使えますよ☆

旅のあいだの雑談で使いたいフレーズ

海の上の虹

ここからは、旅行中にふと言いたくなる言葉についてご紹介します。

  1. 観光しよう Let’s take in the sights.
  2. 像のそばで私の写真撮って Take a shot of me standing by the statue.
  3. なにか食べに行く? How about we go eat something?
  4. 眺めのいい展望台があるわ There’s a scenic lookout.
  5. このあたりのひとですか Are you from around here?
  6. 私は通りすがりの者です I’m just passing through.
  7. くたくただよ I’m wiped out.
  8. 休めるとありがたいんだけど  I could use a break.
  9. 無理しないで Don’t push yourself
  10. ※市内に inside the city limit

4の「眺めのいい展望台」のscenic lookoutの発音は、スィーニック ルカウトってかんじです。

7の意味「疲れた」をいつもI'm tired.だけですませるよりも、いろんなパターンを知っておいてもいいかも。

10の「市内に」とかはin the cityとか言ってしまいそうですが、inside the city limitなんてい言い方があるんですね。

イメージの中で会話してみてもいいよね!
まやん

 

まとめ:海外旅行だけじゃなく日常生活でも使ってみよう!

スーツケースの上に座る女の子

今回お伝えしたフレーズは、海外旅行だけでなく日常生活でも使える普遍的な表現がけっこう入っています。

なので海外旅行をイメージしながら練習してみてもいいですし、独り言英会話用に使うのもアリですよ。

独り言英会話のやり方についてはこちらを参考にしてください→【独り言英会話】圧倒的にスピーキング力がアップする一番簡単なやり方1選!

ひとつでもたくさんのフレーズを身につければ、それだけ表現の幅が広がって英語がもっと楽しくなります。

ここで出てきた遠山先生の厳選された使える英語フレーズに興味が出てきた人は、こちらも参考にしてみてくださいね。

楽しい海外旅行になりますように!!
まやん
Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

まやん

昔から好きだった英語を極めるため再チャレンジしている40代ママ。息子1人。ロンドン大好き。現在TOEIC830。2019年内にTOEIC900超え目指して勉強中。今まで試してきた英語学習法についてわかりやすく発信していきます♪

-日常英会話

Copyright© バイリンガルの扉 , 2019 All Rights Reserved.